HOME>記事一覧>治療せずに放っておくと歯を失う原因になるかもしれない恐ろしい病気

なにが原因でおきる病気なのか

治療器具と歯型

歯周病は歯の周辺組織の炎症が進行して歯を支える組織が破壊される病気です。口内に生息する細菌から生じる毒素が原因ですが、日頃の手入れが不十分だと歯と歯肉の溝、いわゆる歯周ポケットに毒素がたまり、気付かないうちに歯肉が歯から剥がれ落ちてしまいます。一定の深さを超えると歯周病と診断されますが、そのままの状態にしておくと歯を支えている周辺組織が破壊され最悪抜けてしまうことになります。堺には数多くの歯科医院があります。口の粘つきや出血など気になる症状があるときは早めに受診すれば大切な歯を失わずにすみます。

どのような症状に気を付ければいいのか

口元

歯肉炎が進行すると歯周病になります。歯肉炎は歯周病の初期段階で、放置すると次第に炎症が進みます。はじめは歯茎の腫れですが重症になると歯がぐらつき始めます。また歯周ポケットから膿がでる、歯の根が赤く腫れる、口臭がひどくなるといった症状もでます。歯周病は早期発見、早期治療が大切です。堺には歯周病治療をしている歯科医院が複数あります。重度でも治療できるので億劫がらずに早急に受診した方がよいです。

どのような治療方法があるのか

歯科衛生士

歯周病治療は進行状況で基本治療と外科治療にわかれます。基本治療は専門家の手でケアを徹底することで、症状のある歯や周辺の汚れを除去します。それでも汚れをとりきれない場合は外科的処置で歯周ポケットを除去します。外科的処置とはいわゆる手術で、治療する歯の本数で所要時間や治療範囲が異なります。堺には歯周ポケットの除去はもちろん、重度の歯周病におかされた骨の再生治療を提供しているところもあります。

予防のためにできること

診療室

歯周病は歯を失うかもしれない恐ろしい病気です。全身に及ぼす影響もいわれており健康でいるためにも予防に力を入れたいものです。そこで大切なのは毎日の歯磨きです。あとは定期検診で口の中に異常がないか調べてもらい、正しいケアを指導してもらいます。堺には歯周病治療だけでなく予防に力をいれている歯科医院も複数あります。歯医者と上手につきあうことでいつまでも自分の歯で噛める健康な口を手に入れることができます。

広告募集中